全帯公(チャンタ)


すべてのグループに「1」「9」と字牌で成立

雀頭と面子全てに1、9、字牌が含まれる場合につく役です。
鳴いた場合は一翻役として扱われます。

「チャンタ」は赤牌の影響を大きく受けて価値を下げてしまった麻雀役といえるかもしれませんね。
それぞれ正式名称はありますが、一般的には「チャンタ」と呼ばれています。

チャンタ 例1

チャンタ 例2

例を見ていただけるとわかるように、すべてのグループと雀頭(アタマ)に「1」「9」「字牌」が関係してるのがチャンタです。

必然的にグループと雀頭で使えるのは以下の牌だけです。

順子 「123」「789」のみ

刻子 「1」「9」「字牌」

雀頭 「1」「9」「字牌」

数牌の真ん中の数字がまったく使えないのは弱点ですね。

特に の赤牌を手の中で活かすことができません。

ポンやチーをしてのチャンタは可能ですが、食い下がりが適用されて「1飜」にしかなりません。
つまり、食い下がったチャンタは赤牌を1枚持っているのと同じ点数にしかならないのがネックです。

他にもチャンタの弱点となるのは以下の項目です。

  • ペンチャン待ち、カンチャン待ちなど難しい待ちが残るケースが多い
  • あがりきるためには「4」「5」「6」の危険牌を捨てないといけない(=柔軟性がない)

チャンタを狙うくらいなら、赤牌を残して数字の4、5、6を手の中で使えるようにし、柔軟に対応することを選ぶプレイヤーも少なくありません。
赤牌の登場によって大きく価値を下げたといえるでしょう。
「難易度のわりに点数が高くない」という指摘が麻雀プレイヤーの間でたびたびあがっています。

メイリンより
-

門前の場合

全帯公(チャンタ)とは、雀頭と面子全てに1、9、字牌が含まれる場合につく役です。
ニ飜役

-

喰い下がりの場合

鳴いた場合は一翻役として扱われます。
喰い下がり一翻

-

関連ワード

場決め親決めサイコロ洗牌(シーハイ)配牌(ハイパイ)理牌(リーパイ)ツモ順聴牌(テンパイ)和了(アガリ)(流局)全員不聴(ゼンインノーテン)1局半荘(ハンチャン)東場南場西場、北場九種九牌四風連打四槓流れ途中流局負けるとはテンパイ和了(ロン・ツモ)和了(アガリ)とは手牌(配牌(ハイパイ))捨て牌王牌(ワンパイ)ドラ表示牌嶺上牌(リンシャンハイ)ツモ牌万子(ワンヅ)索子(ソーヅ)筒子(ピンヅ)風牌(ファンパイ)四風牌(スーファンパイ)三元牌(サンゲンパイ)牌(パイ)の種類と呼び方和了には1雀頭4面子が必要面子(メンツ)暗刻(アンコー)明刻(ミンコー)暗槓(アンカン)明槓(ミンカン)順子(ジュンツ)対子(トイツ)塔子(ターツ)雀頭(アタマ)手牌の種類ポンチー槓(カン)副露(鳴き・ナキ)門前形副露系特殊な形両面(リャンメン)待ちカンチャン待ちペンチャン待ちシャンポン待ち多面張(ターメンチャン)聴牌(テンパイ)の種類ロンツモ親子の違い裏ドラアガル時点数早見表符計算点数の支払い・受け取りメンタンピンスジとはまたぎ筋裏スジ間4軒鳴きのメリットデメリット槓(カン)の注意親のとき子のとき3人麻雀ありありなしなし


麻雀役一覧

平和(ピンフ)断公九(タンヤオ)一盃口(イーペーコー)立直(リーチ)門前清自摸(メンゼンツモ)翻牌・役牌(ファンパイ・ヤクハイ)海底模月(ハイテイ)河底撈魚(ホウテイ)嶺上開花(リンシャンカイホウ)槍槓(チャンカン)一発(イッパツ)三色同順(サンショクドウジュン)三色同刻(サンショクドウコク)一気通貫(イッキツーカン)対々和(トイトイホー)七対子(チートイツ)全帯公(チャンタ)混老頭(ホンロートウ)三暗刻(サンアンコー)三槓子(サンカンツ)小三元(ショーサンゲン)ダブルリーチ(ダブル立直)純全帯公(ジュンチャン)混一色(ホンイツ)ニ盃口(リャンペーコー)流し満貫(ナガシマンガン)清一色(チンイツ)九蓮宝灯(チュウレンポウトウ)緑一色(リューイーソー)四暗刻(スーアンコー)四槓子(スーカンツ)清老頭(チンロートウ)国士無双(コクシムソウ)大三元(ダイサンゲン)小四喜(ショースーシー)字一色(ツーイーソー)大車輪(ダイシャリン)天和(テンホー)地和(チーホー)人和(レンホー)大四喜(ダイスーシー)国士無双 十三面待ち(コクシムソウ)四暗刻・単騎待ち(スーアンコータンキマチ)純正九連宝燈(ジュンセイユウレンポウトウ)オープン立直(オープンリーチ)槓振り(カンブリ)真似満(マネマン)十三不塔(シーサンプター)紅孔雀(ベニクジャク)百万石(ヒャクマンゴク)南北戦争(ナンボクセンソウ)石の上にも三年(イシノウエニモサンネン)