麻雀点数の支払い・受け取り


半荘での支払い・受け取り方法

基本的な麻雀の点数の授受は、自分が開始時に所持している点数から支払いをします。
ルールによって、最初に所持する点数は変わりますが、ここでは一般的な半荘(四人が親を二回やるケース)でご説明致します。

対局開始時、一人当たりの所持点数は25,000点が基本となります。
25,000点をやり取りし、最終的に一番点数が多かった人が勝利するゲームとなります。
25,000点の増減は、みんな記憶しながらやるのでは無く、点棒と呼ばれる小さく短い棒をやり取りする事で点数を把握します。

点棒の種類は、1万点棒×1、5千点棒×2、千点棒×4、5百点棒×1、百点棒×5=25000点となります。

点棒

点棒やりとりに関するまめ知識

2,900や3,900など端数が出る支払いは、なるべく切り上げて支払い、お釣りをもらうようにしましょう。
900点など百点棒や5百点棒で準備していると時間がかかってしまうためです。

例)
点棒の動きが無い状態で、3,900点などを支払う場合は、なるべく5千点棒を出しましょう。お釣りで千点棒と百点棒を貰うのがマナーです。
5千点棒が無い場合や、支払う相手が、百点棒を切らしている場合は別となります。

-

関連ワード

場決め親決めサイコロ洗牌(シーハイ)配牌(ハイパイ)理牌(リーパイ)ツモ順聴牌(テンパイ)和了(アガリ)(流局)全員不聴(ゼンインノーテン)1局半荘(ハンチャン)東場南場西場、北場九種九牌四風連打四槓流れ途中流局負けるとはテンパイ和了(ロン・ツモ)和了(アガリ)とは手牌(配牌(ハイパイ))捨て牌王牌(ワンパイ)ドラ表示牌嶺上牌(リンシャンハイ)ツモ牌万子(ワンヅ)索子(ソーヅ)筒子(ピンヅ)風牌(ファンパイ)四風牌(スーファンパイ)三元牌(サンゲンパイ)牌(パイ)の種類と呼び方和了には1雀頭4面子が必要面子(メンツ)暗刻(アンコー)明刻(ミンコー)暗槓(アンカン)明槓(ミンカン)順子(ジュンツ)対子(トイツ)塔子(ターツ)雀頭(アタマ)手牌の種類ポンチー槓(カン)副露(鳴き・ナキ)門前形副露系特殊な形両面(リャンメン)待ちカンチャン待ちペンチャン待ちシャンポン待ち多面張(ターメンチャン)聴牌(テンパイ)の種類ロンツモ親子の違い裏ドラアガル時点数早見表符計算点数の支払い・受け取りメンタンピンスジとはまたぎ筋裏スジ間4軒鳴きのメリットデメリット槓(カン)の注意親のとき子のとき3人麻雀ありありなしなし


麻雀役一覧

平和(ピンフ)断公九(タンヤオ)一盃口(イーペーコー)立直(リーチ)門前清自摸(メンゼンツモ)翻牌・役牌(ファンパイ・ヤクハイ)海底模月(ハイテイ)河底撈魚(ホウテイ)嶺上開花(リンシャンカイホウ)槍槓(チャンカン)一発(イッパツ)三色同順(サンショクドウジュン)三色同刻(サンショクドウコク)一気通貫(イッキツーカン)対々和(トイトイホー)七対子(チートイツ)全帯公(チャンタ)混老頭(ホンロートウ)三暗刻(サンアンコー)三槓子(サンカンツ)小三元(ショーサンゲン)ダブルリーチ(ダブル立直)純全帯公(ジュンチャン)混一色(ホンイツ)ニ盃口(リャンペーコー)流し満貫(ナガシマンガン)清一色(チンイツ)九蓮宝灯(チュウレンポウトウ)緑一色(リューイーソー)四暗刻(スーアンコー)四槓子(スーカンツ)清老頭(チンロートウ)国士無双(コクシムソウ)大三元(ダイサンゲン)小四喜(ショースーシー)字一色(ツーイーソー)大車輪(ダイシャリン)天和(テンホー)地和(チーホー)人和(レンホー)大四喜(ダイスーシー)国士無双 十三面待ち(コクシムソウ)四暗刻・単騎待ち(スーアンコータンキマチ)純正九連宝燈(ジュンセイユウレンポウトウ)オープン立直(オープンリーチ)槓振り(カンブリ)真似満(マネマン)十三不塔(シーサンプター)紅孔雀(ベニクジャク)百万石(ヒャクマンゴク)南北戦争(ナンボクセンソウ)石の上にも三年(イシノウエニモサンネン)